特集

クリスマスに関する意識・実態調査「今年のクリスマスは、誰と過ごす?」:今の台北の若者は、半分以上がクリぼっち!?(台北街角調査隊:2017.12.12調べ)

  •  

 今週末はクリスマス。クリスマスといえば、恋人たちにとって欠かせない一大イベントの一つですね。日本では街がクリスマスムード一色になりますが、台湾は日本ほどクリスマスムードが漂いません。そのため「愛に情熱的なはずの台湾人は、クリスマスは恋人と過ごさないの?」なんて思われる方もいるみたいですが、果たしてその実態はどうなのか、今の若者のクリスマス事情を確かめるため調査することに。

 そこで、国立台湾大学の最寄り駅であるMRT公館駅の駅前で300名の20代前半の男女を対象に「今年のクリスマスは“誰”と過ごす予定か」について街頭調査を実施しました。
XmasResearch
 調査の結果、「1人で過ごす」と答えた人が半数を超える54%、「友達と過ごす」が34%、「恋人」が6%、「家族」が3%、「大人数のパーティに参加」が3%、という結果に。
意外にも一番多かったのは「ひとりぼっち」と答えた人。およそ2人に1人はひとりぼっちで過ごすことが分かり、寂しい結果となりました・・・。
 「ひとりぼっち」と答えた人に理由を聞くと「特に予定がない」「恋人と過ごしたいけど相手がいない」という理由が多くを占め、恋人と過ごしたいけど過ごせない、そんな台北の若者の世知辛い恋愛事情が浮き彫りに・・・。
 その次に多かった「友達と過ごす」。約3割を占めましたが、その理由については「恋人がいないから」と答える人が最も多かったほか、「仲の良い友達と過ごしたい」と答える人もいました。
 そのほかの「恋人」、「家族」、「大人数のパーティに参加」は少数派でした。
 
 今回の街頭調査の結果を受け、台湾にも恋人と過ごすという風習はありますが、相手がいないこと等を理由に、ひとりぼっちや友達と過ごす人が主流のようです。
 彼女の送り迎えをしたり、夜中でもお腹が空いた彼女のために夜食を買って届けたり、 愛情表現が豊かで情熱的であることから「アジアのイタリア人」と呼ばれる台湾人男性。本領を発揮して”暖かい”クリスマスを過ごしてほしいですね!
(text:編集長BAMBI)

=== 告知 ===
台北経済新聞は台北と渋谷を拠点に活動するデザイン会社 [SCHEMA,Inc.輪廓設計有限公司] が運営しています。デザインや台湾進出のことについてはお気軽にお問い合わせください。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?