食べる 買う

台湾スターバックス、桜シーズンに向けた新商品・メニュー

写真映えを意識したラインナップ。写真は「桜ベリーミルフィーユ」

写真映えを意識したラインナップ。写真は「桜ベリーミルフィーユ」

  • 203

  •  

 台湾スターバックスは2月19日、桜シーズンに向けた春の新商品・メニューの販売・提供を始めた。

台湾スターバックス、桜シーズンに向けた新商品・メニュー

 「ヘーゼルナッツマキアート」(トールサイズ=NTD140元)は、イタリアンエスプレッソに、ふわふわのきめ細かいミルクと香ばしいヘーゼルナッツソースを添える。「春のチョコレート紅茶ラテ」(同=NTD135元)は、紅茶とココアの香りにピーチの甘さを加えた。

[広告]

 春の桜パッケージで発売する「春のブレンドコーヒー豆」(250グラム=NTD480元)は、パプアニューギニア産、ナッツの香り漂うコロンビア産、ブラックチェリーの香り漂うエチオピア産、シダの香りが漂う熟成させたスマトラ産の計4種類の特徴あるコーヒー豆をブレンド。さまざまな香りを楽しめるよう工夫した。

 フードメニューは、トマトソースミートボールにたっぷりのブロッコリーとコーン、色鮮やかなペッパーで食物繊維たっぷりの「欧風ブロッコリーミートボール」(NTD200元)や、「レモンチキンサンドイッチ」(NTD90元)など。
 デザートでは、パイ生地の上にラズベリーのシュークリームを載せた「ラズベリーシュータルト」(NTD120元)、カスタードとタロイモクリーム3層の味が楽しめる「タロイモクリームサンド」(NTD75元)、「2層の桜パンナコッタ」(NTD85元)、「桜チーズ大福」(NTD70元)、「桜ベリーミルフィーユ」(NTD100元)、桜の形を模った「紫いもブレッド」(NTD65元)を用意し、写真映えを意識したラインアップとなっている。

Stay at Home

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?