食べる

台北駅に「崎陽軒」海外1号店 台湾に日本の駅弁文化を

崎陽軒台北駅店オープン初日の記者会見の様子。崎陽軒のマスコットキャラクター「ひょうちゃん」

崎陽軒台北駅店オープン初日の記者会見の様子。崎陽軒のマスコットキャラクター「ひょうちゃん」

  • 65

  •  

 横浜名物シウマイの「崎陽軒」(本社=神奈川県横浜市)が8月7日、「崎陽軒 台北駅店」を海外店舗として初めてオープンした。

崎陽軒台北駅店で販売される弁当は主に台湾の食材を使用。

 台湾にも「鐵路便當」という日本の「駅弁」と同じルーツを持つ食文化があり、親日の人が多いという理由から、海外初出店先を台湾に決めた。日本で一番売れている駅弁「シウマイ弁当」と一緒に鉄道旅行を楽しんでもらうため、台北で一番利用者の多い台北駅の1階に店を構え、台湾の人々に日本の駅弁文化や横浜という街にも興味を持ってもらうのが狙い。

[広告]

 会見で、台湾崎陽軒の栗飯原昌夫総経理は「台湾の文化に合わせて、日本では冷めた状態で提供している商品も台湾では温かい状態で提供。こうした食文化の交わりから新たな食文化が創造されることを願いつつ、今後も台湾と日本の友好の懸け橋になれるよう努力していきたい」と話した。

 台北駅店で販売される弁当は主に台湾の食材を使用。日本の味を台湾でも再現した。「台湾版シウマイ弁当」(NTD175元)にはシウマイと唐揚げ、卵焼き、たけのこ煮など日本とほぼ同じおかずが入り、「昔ながらのシウマイ20個入り」(NTD360元)には台湾限定で台湾の観光地や名物が描かれた崎陽軒のマスコットキャラクター「ひょうちゃん」しょうゆ入れが全7種類より1つ入っている。たこ焼き器で蒸した焼売を焼いたユニークな「焼焼売4個セット」(NTD80元)がテークアウト専門店で食べられるのは台北駅店のみ。

 その他メニューは、おにぎりシウマイ弁当(NTD195元)、シウマイ4個セット(NTD72元)、月餅8個セット(NTD1,000元)、わらび餅きなこ及び抹茶(各NTD150元)など。

 営業時間は10時~22時。店休日は微風台北駅店に準ずる。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?