学ぶ・知る

台湾発行のJCBカード、モバイル決済が可能に 来年第1四半期から

スマートフォンでの画面イメージ(台湾行動支付提供)

スマートフォンでの画面イメージ(台湾行動支付提供)

  •  
  •  

 台湾の大手決済サービス業者の台湾行動支付(台北市内湖区)は10月31日、日本唯一の国際クレジットカードブランドのJCBと提携し、2018年第1四半期から「HCE(Host-based Card Emulation)対応モバイル決済」の提供を始めると発表した。

台湾内のJ/Speedy対応端末で、モバイル決済が可能に

 台湾行動支付は、2014年に台湾の大手決済事業者および32行の金融機関を中心に設立された決済サービス事業者。2016年8月からクレジットカードなどのモバイル決済プラットフォーム「台湾Pay twallet+」のサービスを開始し、最近では同サービスのアプリに「QRコード読み取り支払い」機能を付けるなど、台湾内で関心を集めていた。

[広告]

 今回の提携により、来年の第1四半期には台湾発行のJCBカードを「台湾Pay twallet+」へ登録できるようになり、台湾内のJ/Speedy対応端末で台湾Pay twallet+を利用しモバイル決済できるようになる。

 台湾行動支付の趙揚清董事長は「今回の提携が台湾でのキャッシュレス社会の構築に役立ち、台湾の方々に決済サービスの便利さを感じてもらえたら」と話す。

  • はてなブックマークに追加

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?