3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

日台共同制作ドラマ「路~台湾エクスプレス~」 台湾でも高視聴率で話題に

NHKと台湾の公共放送局PTS(公視)の共同制作ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」

NHKと台湾の公共放送局PTS(公視)の共同制作ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」

  •  
  •  

 NHKと台湾の公共放送局PTS(公視)の共同制作ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」が5月30日に最終回を迎え、高視聴率が台湾で話題となっている。

主演の2人を再び巡り合わせたキーパーソンである林芳慧役を演じたアンナ・リー(安娜李)さん

 5月16日から全3回にわたり、日本と台湾の同日放送された同作品は、NHK同時間帯ドラマ視聴率の歴代2位の8.8%を記録。テレビチャンネル数が100を超える台湾では1%の視聴率獲得が難しいとされているが、3話平均視聴率0.95%、第2話は1.05%の高視聴率を獲得した。

[広告]

 台湾新幹線プロジェクトを題材とした作家、吉田修一さんの小説「路(ルウ)」をドラマ化した同作品は、主演・波瑠さん演じる春香と台湾の俳優アーロン(炎亜綸)さん演じるエリックの恋物語を中心に、日本と台湾の「国境」と「時間」を越えた心の交流が描かれた日本と台湾共同制作ドラマ。日本と台湾でロケ撮影が行われた。台湾のOTAサイトKLOOKのブログでは、台湾でのロケ地がそれぞれ台北、高雄、基隆、宜蘭、屏東、花蓮、台東の各エリアごとに紹介され、大手オンラインメディア他社でもシェアされるという反響ぶりだ。

 波瑠さんの同僚役で、主演の2人を再び巡り合わせたキーパーソンである林芳慧役を演じたアンナ・リー(安娜李)さんは「撮影は両国で行われ、私も2度訪日した。2度目の訪日撮影は2月下旬だったので、行く時には周りで止める人もいたが、現地では消毒液やマスクの徹底した準備や対策を励行していたので問題なく撮影を進めることができた。本当にギリギリで運が良かった」と振り返る。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?