食べる 学ぶ・知る

TSUTAYA BOOKSTOREなどで「秋田発酵食品フェア」 オンライン試食会も

TSUTAYA BOOKSTOREなどで「秋田発酵食品フェア」 オンライン試食会も

TSUTAYA BOOKSTOREなどで「秋田発酵食品フェア」 オンライン試食会も

  • 34

  •  

 台湾全3店舗のTSUTAYA BOOKSTOREやOrigins Foodistなどで現在、「秋田発酵食品フェア」が開催されている。秋田県観光文化運動部が台湾現地で日本の食文化PRを手掛ける桔想國際有限公司とタッグを組んだ。

TSUTAYA BOOKSTOREなどで「秋田発酵食品フェア」 オンライン試食会も

 12月5日にはTSUTAYA BOOKSTORE 南港店で、秋田の発酵食品の試食勉強会が行われた。誠亜国際の矢崎誠さんが司会を務め、160年以上の歴史を誇る秋田の老舗醸造元「石孫本店」とオンラインでつないで行った同イベントでは、台湾ではまだあまりメジャーでない発酵食品に関する知識の勉強会と、実際に台湾のTSUTAYA BOOKSTOREで販売している甘酒や手焼き煎餅と共にみそ「金の蔵」としょうゆ「芳寿」の試食、WIRED CHAYAで期間限定販売しているきりたんぽ鍋など、秋田の発酵食品や「日本発酵紀行」などの書籍を紹介。石孫商店からのオンライン中継では、蔵の探検ツアーやQ&Aコーナーで、台湾人参加者に秋田の発酵食品を身近に感じてもらえる工夫を施した。

[広告]

 主催した桔想國際COOの網本友加さんは「日本に飛べない今、台湾の方々に秋田の発酵食品を知ってもらえるよう、2カ月間の準備期間を経て今回のイベント開催に至った。単なる物産展ではなく、食に興味を持ってもらい、知ってもらうことが台湾での秋田の発酵食品の普及につながると考えた」と話す。

 台湾蔦屋総経理の橋本龍之介さんは「TSUTAYA BOOKSTOREでは食品だけでなく書籍も扱っているので、発酵食品を知ってもらうには最適。商品を買って帰ってもらって家で楽しんでもらうことも、店内に併設するWIRED CHAYAで味わっていただくことも可能なので、この機会に台湾の多くの方に秋田の発酵食品に触れてもらえれば」と呼び掛ける。

 WIRED CHAYAでは、きりたんぽ鍋焼きうどん(NTD360元)や、いぶりがっこポテト(NTD120元)、甘酒スムージー(NTD160元)などを提供。物販エリアでの取り扱い商品は台湾初登場の石孫本店のみそ(NTD300元)と再仕込じょうゆ(NTD320元)、その他や白神小玉酵母(NTD330元~)などを販売。フェアは12月31日まで。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?