食べる

宮崎県副知事が来台、「宮崎牛」アピール 和牛輸入解禁・ブーム到来で

乾杯グループ桃園市楊梅区中央厨房で行われた記者会見に出席した、宮崎県副知事の郡司行敏さん(右から3人目)と乾杯グループ董事長平出荘司さん(右から4人目)、宮崎牛PR大使のハローキティ

乾杯グループ桃園市楊梅区中央厨房で行われた記者会見に出席した、宮崎県副知事の郡司行敏さん(右から3人目)と乾杯グループ董事長平出荘司さん(右から4人目)、宮崎牛PR大使のハローキティ

  •  
  •  

 台湾の焼肉居酒屋チェーン「乾杯グループ」は10月22日、桃園市楊梅区にある中央厨房(ちゅうぼう)で記者会見を行い、宮崎県副知事の郡司行敏さんや宮崎牛PR大使のハローキティも出席し、宮崎牛をアピールした。

乾杯グループ桃園市楊梅区中央厨房でスタッフが「宮崎牛」の加工作業を行っている

 台湾では16年ぶりに和牛の輸入が解禁され、現在和牛ブームが起きている。会見では、同グループの宮崎牛の加工作業が初公開されたほか、JA宮崎経済連会長の新森雄吾さんから「宮崎牛指定店登録書」を授与される一幕もあった。

[広告]

 同グループは1999年に台北市東区で創業。グループ傘下には、焼き肉居酒屋「乾杯」のほか、和牛鍋店「黒毛屋」、「一風堂」「宮武讃岐うどん」など、8つのブランドを擁し、昨年の営業収益は約18.89億台湾ドル、2015年と比べると3割近くの成長を遂げている。

  • はてなブックマークに追加

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?