食べる

台湾セブンが生ビールの提供開始 タピオカミルクティーに続き

台湾セブンが提供しているザ・プレミアム・モルツ

台湾セブンが提供しているザ・プレミアム・モルツ

  •  

 統一超商が経営する「台湾セブン-イレブン」が7月13日、台北・中山区の統佳店で生ビールの提供を始めた。

店員が注文を受けてからサーバーで入れる、生ビール「ザ・プレミアム・モルツ」

 同店で販売するのは、「ザ・プレミアム・モルツ」(300ミリリットル=99台湾ドル、420ミリリットル=120台湾ドル)で、店舗で入れたての生ビールが楽しめるよう、日本のサントリー生ビールサーバーを導入。レジで18歳以上であることを確認し、決済後、店員がビールを注ぎそのまま客に提供する。

[広告]

 今回の生ビールの販売について、統一超商の應維さんは「夏はビールのシーズン。販売状況を見ても、台湾で最も暑い6月から9月の販売量は冬に比べて80%増。特に金曜日の夜や休日の売上は平日よりも多い」と話す。今回ビール販売を始めた統佳店はジムとコンビニが融合したスポーツ複合店で、さらに観光地の「行天宮」が近くに位置し、近隣に住宅街があることから、サラリーマンや近隣住人、観光客、運動後の消費者の利用を見込む。

 昨年4月に、同社が台湾の定番ドリンクで、街中のドリンクスタンドで販売されている「タピオカミルクティー」の販売を始め飲料業界に積極的に進出したばかり。タピオカミルクティーに続き、今回生ビールの提供を始めたことで、台湾内で注目を浴びている。

 同店は24時間営業、年中無休。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?