見る・遊ぶ 学ぶ・知る

台湾科学教育館で「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」開幕 お絵かきフライトも

チームラボ《お絵かきフライト》©チームラボ

チームラボ《お絵かきフライト》©チームラボ

  • 2

  •  

 アート集団チームラボによる展示「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 台北」が6月14日、国立台湾科学教育館(士林区士商路189号)7階南側特別展示エリアで始まった。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地のメディア内覧会

[広告]

 共同的な創造性、共創をコンセプトにした教育的なプロジェクトで、世界展開しており、沖縄でも常設展示中の「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」を今回、台北で開催する。このうち、描いた絵が立体で出現し飛び立つ「お絵かきフライト」は沖縄にはない作品。自分で描いた絵はバッジ(NTD200元)にして購入することもできる。

 アート作品「鼓動する谷のグラフィティネイチャー」は、6月~8月は夏季、9月~10月は秋季専用の花々へと内容が入れ替わる。

 「学ぶ!未来の遊園地」が生まれたきっかけについて、13日のメディア内覧会に出席したチームラボの松本明耐さんは「2012年に台中市の台湾美術館で、週末に子連れの家族が自由に芸術を楽しみ、子どもが遊び回る姿を見たことだった」と明かした。

 開館時間は9時~17時(土曜・日曜・祝日は18時まで、7月1日~8月29日は18時まで、8月20日は休館)。チケットはNTD470元(土曜・日曜・祝日はNTD490元)。10月13日まで。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース