食べる 暮らす・働く

回転ずし「スシロー」が台湾進出 台北駅近くに1号店、全土出店に意欲も

台湾スシローの副総経理の松田一成さんと総経理の加藤広慎さん

台湾スシローの副総経理の松田一成さんと総経理の加藤広慎さん

  •  

 回転ずしチェーン大手「スシロー」が6月15日、台北駅周辺に台湾1号店「スシロー台湾館前店」をオープンした。

台湾スシローの副総経理の松田一成さんと総経理の加藤広慎さん

 1984年(昭和59年)に大阪で創業した同社は、昨年の売上が1,564億円に到達。今年中に500店舗超となる計画を立てるなど、事業を拡大。2011年に韓国に進出して以降2カ国目の海外進出となった。

[広告]

 オープン前日に行った現地メディア向け内覧会で、台湾スシローの加藤広慎総経理は「台湾人の皆さまに、スシローのすしを通して、おなかも心もいっぱい満たしてほしい」と話す。

 台湾1号店では、日本と同水準以上の品質を保つため、「世界から厳選した」食材を使用。日本の人気メニューである「まぐろにぎり」や「炙(あぶ)りサーモンバジルにぎり」、「大切り生サーモンにぎり」などを含む約130種類のメニューを提供する。価格は、1皿40台湾ドル以上。

 同社が得意としているITシステムを台湾でも利用し、皿の底にICチップを導入。鮮度を保つほか、全国各地の好みの分析に役立てるとしている。

 台湾での今後の店舗計画について、加藤総経理は「多くの台湾人においしいすしを味わってもらうため、台湾の全国展開をなるべく早い段階で実現したい」とも。

 営業時間は11時~22時15分(6月24日まで11時30分~22時)。アプリを利用して予約も可能。客席は208席。

台北経済新聞VOTE

祝!ついに待望の【台北経済新聞】が公開されました! みなさんはどんな情報を期待しますか?